• halno

旅とファンタジー

僕はもっと、世界を知りたいと思う。 実体験と、知識の掛け算。


成長の源泉は、実体験と知識の掛け算だと思っている。

それを実感させてくれるのが、いつも旅だった。



はるか窓の向こう、明け方チェンライの青白い光。

開け放った扉の隙間から時折吹き込んでくる湿気を含んだささやかな風が、

僕を淡く現実の世界に引き戻す。


生気に満ちた若い花の香り、

果樹が放つ野性的な蜜の匂い。



アイスランドの地平線の奥に虹がかかる。


蔵王の樹氷が夕陽を浴びてピンク色にキラキラ輝く。


ブラジルコーヒー農園に2日だけ一斉に白い花が咲く。


日没に向かう雨上がりのシカゴを空から見た。


スウェーデン、デザイン大国の遊び心ある地下鉄。





ネットや本で見て知ったつもりの街や景色も、

文化も、その土地の常識も、人も、

やっぱり自分が経験しないと本質はわからない。


それこそソクラテスの哲学の概念で示す

「無知の知」であり

「何も知らなかったことを知らせてくれる」。




芸能人の不倫騒動、薬物で捕まってこれだけの金額の損失が出たとかあいつもヤってんじゃねーかとか(もちろんどんなニュースにも情報にも意味はあるけれど)日々与えられる情報の取捨だけに追われているうちに感覚はだんだんと麻痺していく。


いつしか目の前に並べられた作為的に並べられた情報を前に、結局、世界はこんなもんなんだと信じ込み、知るべきものさえ目を逸らしてしまう人生はごめんだと思う。



現実の世界は、もっと美しく、もっと多様で、

視点次第で非日常のファンタジーだ。


己のちっぽけさもと自分の成長も奇跡の世界が教えてくれる。




僕はもっと、世界を知りたいと思う。



Halno.netはそんなコンセプトと視点で撮った作品たちのサイトです。



halnoの代名詞、空の旅作品は「Fantasy」に

(Instagramはこればっかりなのでそっちで十分かもしんないけれど)。



旅の記録写真は「Journey」に。



日常の作品やコラムをこの「Blog」にまとめるでげす。

なるべく日常の、普段のhalnoさんの見たものと撮ったものを載せます。


吉田正樹事務所
107-0061 東京都港区北青山3-9-5 岡本ビル2階

©2019 by halno